MENU

アメリカ・カルフォルニアのタトゥーイベントに出展します!

告知が遅くなってしまいましたが、2018年1月26日〜28日の3日間、アメリカ・カリフォルニアのタトゥーコンベンションに出展します! Golden State Tattoo Expo 2018 1月26日(金) 16:00 – 24:00 1月27日(土) 12:00 – 24:00 1月28日(日) 12:00 – 19:00 パサデナコンベンションセンター […]
Read More ›

海外の展示会にてアートワークの出展をします!

0
129
0
お久しぶりな恵華です 前回の展示では展示期間を延長して頂いた上、複数のギャラリーに展示してくださった事もあってか、原画作品のご成約を頂きました! どなたかの手に渡り、見知らぬ土地のどこかに私の絵が飾ってあるのをイメージすると、嬉しさが込み上げてきますね。 今年最後の創作活動となるのは、11月にオーストラリア・ブリスベンにて開催される展示会でのアートワークの出展です! 今回はキュレーターの方とお話し […]
Read More ›

オーストラリア・ブリスベンにてアートワークを出展します!

0
785
3
チョコの消費量が半端ない恵華-Keika-です(・H・) しょっぱい系のお菓子から板チョコまで、1日一箱何かしらのお菓子を食べてしまいます。。 糖質の取りすぎ感は否めませんが、至って健康であります! 猫好き必見の猫展に参加します! タトゥーに限らずアートワークでの表現を模索していまして、主に都内や横浜近郊で主に平面のアートワークで展示の活動をしておりますが、ご縁がありヨーロッパやオーストラリア等、 […]
Read More ›

タトゥーデザインの意味 – 目・眼 -

0
1955
22
あけましておめでとうございます、恵華-Keika-です(・H・) 2017年はラッキー7の入っている年、皆様にとって素敵な1年になりますように。 さて、今回は私の大好きなモチーフ、目・眼のタトゥーについての意味を探ります。 刺青としての意味というよりは、目にまつわることわざや目のデザインをご紹介出来たらなと思います。 さて、今回は私の大好きなモチーフ、目・眼のタトゥーについての意味を探ります。 刺 […]
Read More ›

タトゥーデザインの意味 – フクロウ -

猫カフェに続きフクロウカフェも普及し、日本でもペットとして飼う方も増えたフクロウですが、タトゥー・刺青として入れた場合はどんな意味があるのでしょうか。 フクロウの特徴や神話などから意味を調べてみました。 フクロウは知恵の女神の象徴 ギリシャ神話では知恵の女神アテーナーの使いとされていることから、フクロウは「知恵」を意味する動物に例えられています。 アテーナーは知恵、芸術、工芸、戦略を司る女神です。 […]
Read More ›

JAPAN EXPO 2016に出展しました!

すっかり夏ですね。恵華です。 7月7〜10日にフランス・パリにて開催されたJAPAN EXPO 2016に出展参加してきました! ジャパンエキスポは、日本で言うコミケ(コミックマーケット)の海外版だと知り、過去何回かコミケに参加した私はまんまと興味を示したのでした。 しかしまず、私は海外に行ったことがなかったし、英語もろくに話せない、フランス語なんて全く…だったにも関わらず、思い立ったら吉日!の精 […]
Read More ›

歌川国芳から学ぶ和彫りの原点 その2

念願のTHE YELLOW MONKEYのライブに行ってきた恵華-Keika-です(・H・) 私が好きになったときには解散していた彼らが復活! 生のイエモンを観て聴けるなんて夢のようで、本当にかっこよかったです!ロックンロールさいこー☆ さて、今回も前回に引き続き「国芳イズム」から、和彫りの図柄の原点となる浮世絵たちをご紹介! 源牛若丸僧正坊二随武術を覚図 天狗から武術、神通力を学ぶ牛若丸。 牛若 […]
Read More ›

歌川国芳から学ぶ和彫りの原点 その1

お久しぶりの恵華-Keika-です(・H・) 仕事と私生活でバタバタしておりまして、この頃ちょっと落ち着いてきたのでブログ更新です! 少し前に開催された「国芳イズム」にて和彫りの図柄の原点となる浮世絵を閲覧してきたのでそのまとめをアップします! 歌川国芳 源頼光土蜘蛛の妖怪を斬る図 多くの浮世絵で題材にされているこちらの図。 不気味な土蜘蛛の描写とダイナミックな刀さばきを描いています。 水滸伝の豪 […]
Read More ›

英国絵画からキリスト系タトゥー案を学んできました Part2

ドーモ。皆=サン。恵華-Keika-です(・H・) 今回も前回に引き続き宗教画や英国絵画から、キリスト教性の強いタトゥーデザインのアイデアを積んでいきましょう☆ チャールズ・エドワード・ペルジーニ ドルチェ・ファール・ニエンテ(甘美なる無為) かたつむりを鑑賞する二人の女性。 作者は「絵画は美しくあるべきで、何か特別な出来事を見せるべきではない」と主張しました。 チャールズ・エドワード・ペルジーニ […]
Read More ›